> キャッシング基礎知識!:借り入れの上限って?

キャッシング基礎知識!:借り入れの上限って?

総量規制とは個人向けの貸付の総額が年収の3分の1までに制限されることを指します。
あくまでも個人向けのキャッシングなどについての制限で
個人向けの保証や法人向けは対象外となっています。

総量規制の対象?対象外?

これに当てはまるのが貸金業法で貸付を行っている消費者金融会社と
クレジットカードのキャッシングです。
一方で総量規制対象外のキャッシングとなるのは銀行法での貸付です。
主に銀行のカードローンなどがこれに当てはまります。

総量規制対象、対象外で比較してみる

また、住宅ローンやカーローンなども総量規制の対象外とはなりません。
この線引きを知ることがキャッシングを利用する前提になります。
一般的に消費者金融会社は銀行よりも審査が緩く、借りやすいようにみえますが、
年収制限という枠の他に自主規制という業界団体の
取り組みによる制限もみておく必要があります。
この自主規制は件数制限であり、他社の借り入れを3社を基準に制限を加えています。
総量規制外と総量規制の違いは年収制限の違いで先ずみることができますが、
先の自主規制に加えて途上与信も厳格化しています。
1ヵ月の貸付が5万円を超え、貸付残高が10万円を超える場合は
毎月、個人の信用情報をチェックすることになっているのです。
これが総量規制の大きな枠組みですが、規制対象外であっても
途上与信はチェックされています。
総量規制外の銀行系のキャッシングも、対象内である消費者金融会社のケースも
50万円以下の少額融資であれば、上限金利の大差はありません。

差が付いてくるのは100万円を超えるキャッシングを利用したケースです。
また、同じ銀行系のキャッシングでもネットバンクと銀行では金利面で差があります。
これはネットバンクは貸付に関わる手続きをネットで
完結する代わりに低金利を提供しているためです。
つまり人件費の経費分をキャッシングの金利に反映させているのです。
キャッシングはネット契約・利用が主流になり、新しいシステムや
独自のサービスで提供されることが多くなっています。
利息制限法で上限金利はほぼ横並びですが、比較してみると
金利面や利用者サービスで違いがあるものです。

キャッシングの知識

キャッシングの口コミ