> ノンバンクと銀行系での融資の違い

ノンバンクと銀行系での融資の違い

ノンバンクと銀行系での融資の違いは、
まず融資のスピードと利子の違いにあります。

ノンバンク

まずノンバンクとは顧客へお金の融資する金融機関で、
銀行のように預金をする機能はありません。
貸金業規制法の適用を受けているクレジットカード会社、
信販会社、消費者金融などがノンバンクに該当します。

このノンバンクは銀行系と比べると貸付のスピードが非常に早いです。
保証人が不要だったり、審査に必要な書類も少ないため、
審査にかかる時間は最短で10数秒から30分ほどで完了し、
融資は即日、もしくは2,3日程度で行われます。
ただし、50万円以上の借入をする場合や、他の貸金業者の借入も含めて
100万円以上の借り入れがある場合は収入証明書が必要となっています。
これ以外の場合であれば、年収額は自己申告に基づいた金額で
審査を受けることになります。

また、パートやアルバイトであっても、
長期にわたって継続して同一の職場で勤務している場合は
「安定した収入がある」とみなされ、借り入れが比較的しやすいのが
ノンバンクの特徴です。

利用シーンとしては即日融資 最短を希望する場合にノンバンク系を
活用すると良いでしょう。

銀行系

一方、銀行系は、審査書類の提出や職場の在籍確認など手続きが煩雑なため、
すぐにお金が必要なときはノンバンクを利用する方が便利です。
ただし、審査が甘いところほど、利率は高くなりますので、
ノンバンクは銀行系に比べて一般的に利率は高くなっています。

ノンバンクと銀行系の分かりやすい違い

キャッシング豆知識!総量規制対象外のキャッシングとは」でも触れましたが
ノンバンクと銀行系の違いは、お金を貸し出す際に「総量規制」の対象に
なっているかどうかの違いがあります。
「総量規制」とは個人へ貸付を行う場合、年収の3分の1を超えてはならないというもので、
貸金業者はこの規制の対象となります。
一方、銀行は貸金業者ではないので、この規制の対象にはなりません。
従って、銀行系の審査は厳しいものの、
場合によっては年収の3分の1以上の貸付も可能になります。
現在、銀行系は系列のノンバンクとの連携に力を入れており、
審査や融資のスピードをアップし、顧客の拡大を図っています。

キャッシングの知識

キャッシングの口コミ