> キャッシング基礎知識:パートキャッシグとは

キャッシング基礎知識:パートキャッシグとは

パートキャッシングとは、パートの人でも利用できるキャッシングのサービスを指します。
お金を借りるためには返済可能性の高いことを示さなければならないのですが、
そのためには正社員として働いていることを示せれば効果的です。

しかし、現代の世の中で正社員として働くことは、
もはやスタンダートではなくなってきています。
パートやアルバイトで生計を立てていると言うことも
珍しいことではないと言えるでしょう。

キャッシングのサービスもこのような現状にあわせて変化してきています。
以前は「サラ金」と呼ばれていたこともあったくらいで、
サラリーマンを対象として融資を行っていたのですが、
最近ではパートとして働いていてもキャッシングのサービスを
利用できるようになっているのです。

キャッシングのサービスを利用について

キャッシングのサービスを利用するためには、
もちろんですが返済できる事が前提となります。
返済ができるためには収入がなければなりませんが、
この収入としてはパートやアルバイトでも良い場合が多くなってきています。

銀行では厳しい場合もありますが、消費者金融のキャッシングの場合には
「安定した収入」があれば良いとされている場合が多く、
正社員でなくても借り入れができることも多いのです。
実際、パートで働いている人がキャッシングを利用しているケースも多くあります。
パートキャッシングという特別なサービスがあるわけではありません。
パートでもキャッシングを利用できるということを意味しています。

パートでも利用できるサービスも色々な金融機関が提供しているのですが、
やはり消費者金融はもっとも利用しやすいと考えられます。
消費者金融は他の金融機関に比べると審査が緩い傾向にありますから、
パートとして働いている人でも利用しやすいと考えられるのです。

パートだからキャッシングを利用できないと決めつけるのは良くありません。
パートとして働いていてもキャッシングを利用したいと思う事はあるでしょう。
このようなときには利用できる金融機関を探すのが良いのです。

非正規雇用労働者の比率

ちなみに、2013年の労働者全体に占める
非正規雇用の労働者(パート・アルバイトなど)の比率は、
おおよそ4割に上るそうで、これは統計を始めてから最多の割合となるそうです。

ちなみに20年前では、およそ2割強の割合であったとのこと。
雇用環境においてもこれだけの変化があるわけですから、
キャッシングによる借入れに関しても、それ相応の変化が必要であった証拠ともいえますね。

キャッシングの知識

キャッシングの口コミ